読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

いつの間にかゲームが仕事化していて辛い

こんにちは。堀江くらは(@kuraharu)です。

 

最近、ゲームが仕事化しているのに気が付いた。どんなゲームをやっても、成績が良くないと楽しめなくなってしまった。

 

ボードゲームのお邪魔ものとか、身内人狼とかのパーティゲーなら勝ちを求めないからまだいい。問題ははっきりと強いやつがでるタイプのゲームで、特に成績が数字で出ちゃうゲームだ。

こうなってしまったのはポケモンが原因だと思う。レート2000~2100とか普通に出すようになってから、1900では納得いかずイライラするようになった。どこかで「俺は強いはずなんだから弱いのは甘え」という意識が出てきてしまったのだろう。

 

これがポケモンだけで済めばまだよかった。新しく始めたゲームでもこういう意識が出てきてしまってから、新規のゲームが辛くなった。

ボードゲームでは勝率を計算するようになった。例えばカルカソンヌというボードゲームだと勝率70%。自分より強い人が30%もいる。納得できない。

 

新しくWot(戦車ゲー)を始めた。FPS,TPSをやったことがなく、キーボード操作もしたことがないのに成績が奮わないことに焦りを感じ始める。3000戦してWn8という強さを表す数値が安定していないことにいらいらする。最高1500と初心者にしてはいい数字のはずなのに上位の成績を出せずに落ち込む。

 

10月に始めたウル4もPP2500前後で落ち込む。この数字、初心者にしては正直よすぎる数字なのに。

 

そして気付く。ああ、俺はゲームが仕事化してしまったんだなって。給与はもらえないけれど、これは完全に仕事だ。ライターとしての仕事が終わったら画面の前に座って別の仕事をこなす。溜まるのはストレスばかり。確かに仕事と同じようにうまくいけば達成感がある。でもそれより「うまくやらなきゃ」というプレッシャーの方が強い。

趣味でギターを弾く。うまくいかなくてもイライラはしない。ただ、もっとうまくなりたいなと気軽に思えるだけでプレッシャーなんてない。

趣味でコーヒーを淹れる。豆から淹れるコーヒーは格別に落ち着く。ゲームにはそういう心の休息がない。

 

いっそ俺はゲームから離れるべきなんだろうか。ストレスでタバコの本数も増えたし、眠れない夜も増えた。病院に行った方がいいのかもしれない。でも、俺はゲームが好きだ。ほどほどにやれるのが一番いいのだけれどなぁ。

 

 

東大卒プロゲーマー (PHP新書)

東大卒プロゲーマー (PHP新書)

 

 多分、金が貰えれば一気にこんな悩み吹っ飛ぶんだろうな。だって本当に仕事になるんだもん。ゲームやって、文章か書けるような仕事を探そうかな……。

 

以上、堀江くらはの最近の悩みした。

 

 

フリーライター 文章屋 堀江くらは お仕事の依頼は 

kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...