堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

僕に就活を諦めさせたある面接の話(面接官にツイばれしてた)

ちょうど一年前、僕はまだ就活をしていた。中々内定先が決まらないことに焦りを感じながらも、いまだに正社員ライターを目指していた。

そんななか、ある編プロ兼広告会社でライター募集がかかっていたのでそこに応募してみた。気軽にリクナビでぽちっとやっただけ。これが悲劇の始まりだった……

 

電車とバスを乗り継いで2時間半、ようやく目的の会社に到着した。受付を通り面接会場に足を踏み入れる。

集団面接なのに僕しかいない。面接の時間になっても僕しかいない。

僕以外、みんなばっくれていた。そんなんだから内定でないんだよ。今回の募集は貰ったか? と心の中で勝利宣言をした。いやいやまて、焦ってはならない。ここでドジったら元も子もないと精神を引き締める。

 

面接官の男性が登場。いかにもエリートといった風貌、スーツの着こなしもかっこよくイケメン。そして自身に溢れたオーラを放っている。さっきまでの自信が揺らぐ。今からこの人とタイマンで話さないといけないのか……と不安でいっぱいになる。

「あー、君以外みんな来なかったねー」と面接官もあきれ顔。そりゃそうだ。この時期のばっくれるなんて、並大抵の根性があるか、相当就活を舐めているかしないとできない。

 

「しかたがないから個人面談にしようね」ということで面接がスタートする。

そして面接開始直後の第一声。

「えーと。本名呼び+ネットだとくらは君だよねー」

 

僕の面接は開始数秒で終了を迎えた。そう確信した。僕のTwitterといえば当時は就活ストレスで荒れに荒れていたからだ。頭の中が真っ白になった。

「そうです。くらはです……」力なく答える。

「うち、まずFBで面接相手のこと調べて、ついでにFBのリンクまでみるんだよねー。読書メーターがFBとTwitter両方にリンクしてあってさー」

一生における最大の失敗である。嗚呼。なぜ読書メーターとFBを紐づけてしまったんだ……なぜ! なぜ!

「ギター弾いてるんだねー。バイクも乗るんだー。ポケモン好きなんだー。カフカ好きなんだねー。俺も好きだよー」

Twitter上に書いたあらゆる趣味の話が吹っかけられる。死にたい。すごく死にたい。でも趣味の話だから盛り上がる。

趣味の話が終わる。

「でもさー。Twitter見る限り、就職には向いていないと思うんだよ」と面接官。ここで死刑宣告である。今回の面接は終了しました。

「ライターになりたいんだよね」

「はい」

「月いくら欲しい?」

「生活できるくらいなら低くてもいいです」

「安定は」

「生活ができるくらいなら……」

「じゃあ、フリーライターを目指した方がいいよ。Twitterを見る限り君は就職に向いていない」

Twitterで俺の全てが分かるのか! と叫びたくなったが我慢する。面接官の話は続く。

 

なんでも御社は就活コンサルティング業もやっているらしく、面接官様はその担当部署に普段はいるらしい。所謂「就活のプロ」だ。

そのプロ曰く、堀江くらはという人間は安定よりも縛られないことを重視し、常に新しいことに挑戦していきたいと考えているが、やや気が弱いため吹っ切れないで就職活動をしている。とのことだ。

 

Twitterで俺のなにが……図星である。まったくもって否定のしようがない素晴らしい分析だ。なんか悔しい。泣きたくなるくらい、いや、じっさい帰りの電車では泣きながらTwitterに「面接でツイバレしました」とツイートしてRTを稼いでいた。そう、電車のトイレで泣きながら。

 

面接官は続ける。

吹っ切ってしまった方がいいよ。吹っ切れないなら、ライターなんてあきらめた方がいい。今の君じゃ、どこも受からないから。君の就活は、夢を捨ててからしか始まらない。

「じゃあ、頑張って。応援してるよ」

 

この面接以降、僕は就活を止めた。別にフリーライターになることをこのタイミングで決めたわけではない。心が完全に折られてしまったのだ。そしてフリーランスになることを決めるまでの間、僕は何もできない状態に陥ってしまったのである。

 

フリーライターになってからもその企業と連絡をとっていない。お仕事があれば引き受けますが、こっちから営業をかけるのはとっても怖いのだ(結局気が弱いのは相変わらず)。

 

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

フリーライター 文章屋 堀江くらは お仕事の依頼は 

kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...