読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

ドリップ初心者にオススメのコーヒー器具をまとめてみた

こんにちは。更新が遅れました。理由はですね……前回記事から察してください。風邪をこじらせていました。

 

さて、後輩から「コーヒーを淹れてみたいからオススメの器具を教えてください!」とLineがきました。でもLineで返信するのは長文になってしまうし、せっかくだからこれからコーヒーを淹れようと思っている全ての人向けに、僕なりのオススメ器具を紹介していこうと思います。淹れ方、オススメの豆などについては需要があれば今後書いていきたいと思います(要望があればTwitterかブクマまでどうぞ)。

 

一応言っておきますが、僕はコーヒーのプロではありません(最近コーヒーを仕事にしたいと考え始めているけれど。コーヒー関係の仕事、内定蹴ったの後悔してます)。たかだか10年近くコーヒーを淹れている素人ですのでこの記事は全て独断と偏見です。

 

今回は主に、一番オーソドックスなペーパードリップに用いる器具について紹介します。

 

ドリッパーは1つ穴か3つ穴か

ドリッパーには1つ穴タイプと3つ穴タイプがあります(例外有)。基本的に淹れ方は変わりませんが、湯が落ちる速度の差から1つ穴タイプの方が若干濃くなりやすく、3つ穴は軽くなりやすいです。

個人的にお勧めしたいのは1つ穴の方です。1つ穴の方が湯の落ちる速度が一定になりやすく、安定した味のコーヒーを淹れることができます。

3つ穴は湯の速度を調整することによって好みの味を作ることができます。初心者の方には淹れ方による変化よりも豆ごとの味を楽しんでほしいというのが1つ穴をすすめる理由です。

日本では3つ穴が主流ですが、世界的には1つ穴の方がメジャーなようです。

 

Melitta 陶器フィルター 【2~4杯用】 オフホワイト メジャースプーン付 SF-T 1×2

Melitta 陶器フィルター 【2~4杯用】 オフホワイト メジャースプーン付 SF-T 1×2

 

 このメリタ製品がメジャーですね(僕はカフェバッハの物を使っています)。

 

 

Kalita 陶器製コーヒードリッパー 102-ロト ブラウン #02003

Kalita 陶器製コーヒードリッパー 102-ロト ブラウン #02003

 

 3つ穴はこちらがメジャー。僕も所有しています。

他にもハリオ・コーノ式などのドリッパーがあります。

特にハリオはプロでも使っている人が増えてきたかなぁという印象です。

 

ハリオ V60耐熱ガラス透過ドリッパー01 ブラック 1~2杯用 VDG-01B

ハリオ V60耐熱ガラス透過ドリッパー01 ブラック 1~2杯用 VDG-01B

 

円錐型のハリオのドリッパーはネルドリップに近い印象ですね。けっこう豆の味がでやすい印象ですが、雑に淹れた時と丁寧に淹れた時の差が出やすいように感じます。

 

ポットは一択

 色々なポットを使いましたが、結局は喫茶店のマスターと同じものにたどり着きました。

Kalita 細口ポット 0.7L

Kalita 細口ポット 0.7L

 

 これです。まさにコーヒーを淹れるためのポット。しっかり握った状態から少し手の力を緩めるだけで最適な湯量が投下できます。本当に使いやすいポット。

 

見た目重視の方は

 

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

 

 こういうのはどうでしょう?

 

コーヒーミルは予算に合わせて

ミルは様々な価格帯のものがありますが、手引き及び2000円台のものはお勧めできません。豆が均一にひけませんし、熱によって香りが飛びます。

 安いものでオススメはこれ。

Melitta 【電動コーヒーミル】 パーフェクトタッチII CG-5B

Melitta 【電動コーヒーミル】 パーフェクトタッチII CG-5B

 

探せば3000円台で見つかります。ひき加減にちょっとムラがあるのが少し気になります。

 

もう一つ上のランクだとこれがお勧めです。

deviceSTYLE Brounopasso コーヒーグラインダー レッド GA-1-R

deviceSTYLE Brounopasso コーヒーグラインダー レッド GA-1-R

 

 

 上のものに比べて静かで、豆をひく速度を選べます。最近使っている人が増えてきた印象です。

 

そして値段なんて気にしないという人は

 

Kalita ナイスカットミル (ブラック)

Kalita ナイスカットミル (ブラック)

 

 王者、ナイスカットミルをどうぞ。豆をカットするので熱は出ないし均一にひける。豆の余分な部分をかってに除去してくれる。静か。と全てが揃った最強のミルです。学生時代に友人が持っていて凄くうらやましかったなぁ……

 

最後に 器具は安定志向がいい。コーヒーとは豆である。

コーヒーを淹れる際に重要な道具は以上の3つです。

ミル、ポットはともかくとして、ドリッパーには様々な考えを持った人がいます。僕は1つ穴派です。

僕はマスターにコーヒーの味は8割豆・1割水・最後の1割がそれを台無しにしない淹れ方だと教わりましたし、実際そう思っています。なので淹れ方は安定したものを選び、豆の種類や焙煎を中心に考えて好みを探していくのがいいと思っています。

 

とはいいましたが、コーヒーは自分なりに楽しむのが一番いいです。皆さんもよいコーヒーライフを!

 

※淹れ方、オススメの豆などについては需要があれば今後書いていきたいと思います(要望があればTwitterかブクマまでどうぞ)。

 



フリーライター 文章屋 堀江くらは お仕事の依頼は 

kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...