読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

安全圏から批判したいなら批判の批判がおすすめだぞ☆

タイトルだけで「批判」って3回いったぞ☆

 

リアルで鬱憤がたまっていて、ネットで晴らしたい。とにかく誰かを・何かを批判したい。そんな屈折した感情を抱いたネット弁慶のみなさん、こんにちは。

今日も批判の対象を見つけるのに必死だっとは思うのだけれど、批判するのにも勇気がいるよね。間違った批判をすれば突然横から

馬鹿なやつめ。貴様の批判は間違っている。今すぐアカウントを消すがよい

とネット強者が襲い掛かってくる時代だ。

こんなんじゃ安心して人を叩けないよ! という方にオススメなのが今回紹介する

「批判の批判」だ!この方法をマスターすれば常に安全圏から人を叩き、自分だけが勝者なんだという錯覚に陥ることが可能!

 

ネット上で起きている批判の構造を説明しながら、その方法を伝授しよう。

1.コンテンツ(元ネタ)の発信者

堀江くらはというライターが今日もネット上に記事を挙げたぞ!

しかもそれなりに伸びてやがる!

※ブログ・SNSなどでも可

 

2.第一批判者

①記事の内容に言及するか、②根っからの堀江アンチのどちらかだ。

 

①「記事の内容が面白くない。原因は○○だ」

正しい批判。善処します。

 

②「堀江くらは? メンヘラ女子を食い物にしている糞野郎だろ! 死ね!」

事実無根の批判。誹謗中傷だ。メンヘラ女子関連の記事は協力者に許可をもらっているし、彼女からの厳しすぎる監視をうけているんだぞ!

 

といった感じになる。②にの方、いつもお世話になっています。これからもよろしく。

 

さて、ここまでは前置きだ。今回教える安全圏は次に見る第二批判者の中にある。

 

3.第二批判者

上の①に対する正しい批判・間違った批判と、②に対する安全圏からの批判がある。今回伝授したいのは後者だ!

 

A.①に対する正しい批判。

①「記事の内容が面白くない。原因は○○だ」

→「私はそうは思わない。この記事は○○に書かれた良記事だ」

これは、はてブでよく見る光景だね。第一批判者に直接いうことはないが、発言に言及している。こういうコメントは励みになる。①と合わせてターゲッティングなどの参考になる。ここからバトルは起きることは滅多にない。

 

B.①に対する間違った批判

①「記事の内容が面白くない。原因は○○だ」

→「くらはさんになんてこというの! 氏ね!」

僕の読者にはいないけれど、他の人の記事・Twitterではたまーにこういう信者がわいている。

こういう信者の一言が許されるのは、シナモンさんを守るときくらいにしか許されないぞ☆(むしろシナモンさんは守ってあげるべき)

 

C.そして最後に、②に対する安全圏からの批判

②「堀江くらは? メンヘラ女子を食い物にしている糞野郎だろ! 死ね!」

に対して

「そういう感情的な批判をする奴は馬鹿だ。記事に対して批判をしろ。この犬畜生め」

と罵詈雑言を並べてみよう。

この批判はかなり安全。どうみたって正論だし、正論をいうと同時に自然な流れで人格攻撃ができるぞ!

しかもこの批判、記事時代を読んでいなくたって可能だ。とりあえず記事ではなく筆者を叩いている奴を見つければOK! 記事の内容なんて一切関係ないぞ☆

この横から出てきて批判そのものを叩くスタイルを徹底すれば、今日から君もネット弁慶だ!!

 

注意点

口汚すぎる

さすがに罵詈雑言を並べていると「正論を述べているけど人格はやばい」人認定されます。スタイリッシュに人格を攻撃しましょう。

 

信者が多い相手にやってはいけない

安全圏とはいえ、理不尽なのがネット。相手を叩いてみたらアリの巣を掘り返したように信者がわいてくるかもしれないぞ!

そしたら君はアカウントを消す羽目になる…ネットとは末法な世界なのだ、相手は選ぼう。

 

最後に

これが実例だ!

この呟きをした後「これって安全圏から人を叩いてないか?」と思ったのがこの記事を書いたきっかけだ。

あと、知り合った人が批判に対する真面目な記事を書いているのをみて、この記事を思いついた。他意はない。面白そうだからやった、反省はしている。

 

こういう記事は、〇のほり〇でーが書けばいいと思う。

 

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)

 

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット ID33A31CC3-dXafaMPU --------------------------------------

フリーライター 堀江くらは 

お仕事の依頼は kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いします。

詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

ランサーズからもご依頼いただけます。 https://www.lancers.jp/profile/kuraha

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

--------------------------------------

 

 

広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...