読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

犯行少女と社会〜異邦人とどう向き合っていくのか〜

ニュース、考察

佐世保の女の子と今回同じ宗教の人を殺した女の子の2人にはサイコパスという評価が下されたらしい。

 
人を殺したいと呟き、給食に毒を盛り、小動物を殺す。が、それでも殺人衝動が抑えられずに実際に人を殺してしまったのだから、サイコパス呼ばわりされるのも頷ける。
 
こういう時に気をつけないといけないことは「サイコパスだから人を殺してもしょうがないよね」と思ってしまうことだ。
サイコパスだからって社会は殺人を許したりしない。異常性ばかりに目がいって、こういう危険な人に対して社会はどう対応し犯罪を未然に防ぐのか考えることを蔑ろにしちゃいけない。
ドラマみたいな事件は現実で起きている。悪い奴からどう自衛するかを考える必要があるのだ。
 
佐世保の女の子を見れば分かるように、サイコパスの疑いがある人は家族や学校だけでは抑えることはできない。国や公共機関、病院、地域のコミュニティなどといった組織の協力がなかったせいで、あの殺人事件は起きてしまったのかもしれない。ifになってしまうが、サイコパスの犯罪は止められたかもしれないのだ。
 
 
こういう犯人が「誰でも良かった」というような理不尽な殺人が起きるたびに、カミュの「異邦人」という小説を思い出す。
主人公のムルソーは母親の葬式の後で海水浴に行き、太陽が眩しかったからという理由で人を殺す。刑務所のなかで死刑にされるのを待ちながら、最期に人々から罵声をとばされることを期待する。
 
なんとも不条理な小説だが、実際の事件は現実に人が亡くなっているだけあってもっと不条理だ。
 
カミュは不条理文学を描き続け、不条理を受け入れること、そしてそれと戦うことを題材にした作品を残した。
僕たちも今一度、「日常のなかにいる異邦人」とどう向き合い、どう犯罪を未然に防ぐかを社会全体で考えないといけないのかもしれない。
 

 

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

 

 

 

監視官常守朱 1 (ジャンプコミックス)

監視官常守朱 1 (ジャンプコミックス)

 
<

主夫修行中のフリーライター 堀江くらは お仕事の依頼は 

kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いいたします。

雑誌、web双方で仕事の経験があります。詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

最近ランサーズに復帰しました。 https://www.lancers.jp/profile/kuraha

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

p> 

 
 
広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...