読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

正社員を無くそう! とか言う前に社会保障をどうするかを考えるべき。

ニュース、考察

なんだか朝生で竹中平蔵氏が「正社員を無くそう!」といったのが話題になっているとかなんとか。なんでも氏は同じ仕事なら非正規でも正社員と同じ賃金や待遇を得られる同一労働同一賃金制度が必要と考えていて、そのいきつく先として正社員を無くすことがあるそうだ。

 

この考えに対して賛成・反対両方の意見があるのは当たり前なんだけれど、正社員という仕組みをどうするかより前に、社会保障をどうするかについて考えないといけないんじゃないの?

 

社会保障はある種の制度の基盤になる。例えば今回の件では、社会保障がしっかりしているかどうかで正社員を無くした後の展望がまるで違う。

貧困対策がされていないのに正社員をなくしてみたら、それこそサバイバルな弱肉強食社会。逆にされていれば全ての人が低リスクで職を転々とする流動的な社会になる。どっちの考え方もそれなりに賛成・反対がありそうな意見だ。

 

日本の社会保障は揺れている。これからどう舵をきるのかまだ分からない状況だ。

にも拘わらず、正社員なくしましょう。それなら社会保障が必要ですね! とか言っちゃう。順番逆じゃない? まず足場を固めてからこういう議論をしないと、めちゃくちゃな議論になってしまう気がする。

一方ではサバイバル社会最高! 賛成! といい、もう一方では自由でしかも安定した生活ができる人が増える! 賛成! みたいな人が出てきてしまう。

当然双方がぶつかり合って「じゃあ社会保障どうしようか?」という話になる。社会保障ってこんな「二の次」的なあつかいでいいんですかね?

 

僕は社会保障さえあれば正社員がなくなってもいいと思うよ。だけどまず、社会保障をどうしたいか決めてくれ。話はそれからだと思う。

 

あれだね。政治に疎いのにあまり思っただけのこと記事にするべきじゃないね。そして今回も叩かれる前に保険をかけたね。さぁ叩け。というか政治に詳しい方色々と教えてください☆

 

追記

ちょっと説明不足で誤解を生むかもしれないので追記。社会保障は社会に合わせて調整されるものだけれど、せめて縮小するかどうかくらいははっきりさせろよ。話はそれからだと思うわけです。

ちょっと頭の中で整理できていないですね。ごめんなさい。でもこのまま記事にしちゃいます。慣れない分野だと文章も微妙や。

 

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

レールの外ってこんな景色: 若手ブロガーから見える新しい生き方

 

 

主夫修行中のフリーライター 堀江くらは お仕事の依頼は 

kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

最近ランサーズに復帰しました。 https://www.lancers.jp/profile/kuraha

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

 

広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...