堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

タバコを吸っている人の何人が、本当にタバコのことを好きなんだろう

こんにちは。堀江くらは(@kuraharu)です。

 

池袋の街を歩く。東口を出ると横断歩道の向こう側に喫煙所が見える。たくさんの人がそこでタバコを吸っている。喫煙所なんだから当たり前だ。

 

スーツ姿の男性がリポDを飲みながらタバコを吸っている。ちょっと奇妙な光景に僕には見えた。なんというか、その人はタバコを使ってストレスから逃げようとしているんじゃないかって思った。

 

最近、一部の人にとってタバコは手軽なリストカットなんじゃないかって思え始めた。嫌なことに追い詰められて、でも逃避先がないから自分の身体に八つ当たりして無理やり解消しようとする。もちろん身体には悪い、世間的な評判も悪い。タバコもリスカも、同じような背景からやめられなくなっている人もいるんじゃないか。

(もちろんリストカッター全員がこういう理由で行為に走るわけじゃないが、少なくとも僕の知り合いのメンヘラさんはこういう事情で自傷に走っていた)。

 

僕はタバコが好きだ。一息つくときにはタバコとコーヒーが欲しくなる(まぁ、自分で淹れたコーヒーがあればそれで充分なんだけれど)。

僕は手巻きタバコとキセルを吸う。市販の紙巻は滅多に吸わない。一息つくには多少吸うまでに面倒なくらいがちょうどいい。

 

こんな風に僕は「休息」のためにタバコを吸う。タバコの味は好き(特にキセル)だ。市販のだと匂いが気になるが、手巻きやキセルだとむしろそれを楽しめる。きっと僕はいいタバコの愉しみ方をしているのだろう。

 

僕は休息のためにタバコを吸う。でも、休むのって実は心のゆとりが必要だ。切羽詰まった人は上手に休むことすらできない。たとえばブラック企業の従業員は、その企業をやめるまで切羽詰まった状態だから、退職するまで休日(あればの話)に心を休めることができない。

 

そんな切羽詰まった人たちは、仮初の休息をとるしかないんじゃないだろうか。それはギャンブルだったり、酒に溺れたり、好きでもないタバコを何箱も空けたりすることなのだ。

自分をダメにすることで、なんだか現実から逃げられているという実感があるのかもしれない。しかし、そんなことをしても身体を壊すだけ。そうなる前に本当の意味で現状から逃げ、新しい場所に移る必要があるのに中々それができないで留まってしまうという人もいるのだろう。

 

あの喫煙所の中にはどれだけ「タバコが好きな人」と「仕方なくタバコを吸っている人」がいるんだろう。そんなことを思いながら喫煙所の前を通り過ぎた。

 

なお、本記事は友人の話および現実の風景以外は僕の妄想だ。精神医学界隈から火をつけられないようにいっておく必要がある。これは僕の意識の流れのなかででた妄想的な考察にすぎません。

 

とか防衛線を張っているうちに喫茶店が閉まる時間が近づいてきた。あと一本だけタバコを吸って、外に出ることにしよう。

 

 

 好きな映画。ホワイトストライプスが出ているのも見どころ。ストーリなんてないも同然で、ただタバコとコーヒー片手にくっちゃべるだけの映画だが、雰囲気から軽快なトークまですべてがいい。

 

 

フリーライター 文章屋 堀江くらは お仕事の依頼は 

kuraha0023☆gmail.com (☆を@に変えてください)までお願いいたします。

詳しいプロフィールはこちら 

堀江くらは(@kuraharu)のプロフィール - ツイフィール

 

 

無料でオンライン上にデータ保管 ここからなら写真600枚分の容量をゲット

広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...