堀江くらはが一筆書きするブログ

息抜き中心。一発で書いてドーン。過度の期待はしないでください。

仕事後サイコロ倶楽部 ボードゲームのリアルな繋がり。

私情により一時的に実家に帰省しました。田舎だけあってまじで何もない。最寄りのスタバまで一時間以上かかる! すごい! コンビニが22時に閉まる凄い!

 

っで、後輩君とちょっとだけボードゲームカルカソンヌバトルライン)で遊び、また明日4人で集まってボードゲームをしようということで解散。今から楽しみで仕方ありません。明日久しぶりにカタンができる!!

 

ボードゲームをやっているとリアルな人との繋がりを感じながらゲームをやるのっていいな。って思います。お互い何となく相手に気を遣って(ただし手は抜かない)、冗談を言い合って、口プレイして、そして勝って喜び負けて悔しがり、糞ゲーされたら呪詛を吐く。

そういう生身の人間との触れ合いがボードゲームの良さなんだと改めて感じられました。

 

今の時代、ネットで好きなだけゲームができます。でも、そこには場の空気が存在しません。例えば格闘ゲームのネット対戦じゃ相手の声も聞けないし、ボイチャがついているゲームでも相手の顔が見えないから暴言が飛んでくることがあります。そして何より、同じ空間を共有することができないから、独りボッチでゲームをやっているような感覚になります。

これは僕の感じていることですが、同じように思っている人も少しはいるのではないでしょうか。

 

普段、「場の空気」って言葉は悪く使われがちですが、ボードゲームをやっているときはその空気が心地よいんですよね。

初対面の人とでも、友人とでも、緩いけどガチな空気を作り出せるのがボードゲームなのかもしれません。

 

東京にきてからまだ一回しかボドゲオフをしていないなぁ。また開こうかなぁ……誰か誘ってくれないかな……チラッ

 

とにかく明日が楽しみでしょうがない堀江なのでした。おしまい(ちゃんちゃん)

 

放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)放課後さいころ倶楽部 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)放課後さいころ倶楽部 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

女の子がボードゲームをプレイするゆるふわマンがです。はやくカルカソンヌ回をやってくださいよー バトルライン回は面白かった。僕もあのルールでやってみるかー

 

※ちなみに後輩とのカルカソンヌは、僕が全コマ回収不可にするという極悪非道な勝ち方をしました(ニッコリ

 

あ、ボードゲームポケモンに関するブログは右のリンクにあります。よかったらどうぞー

広告を非表示にする
follow us in feedly Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...